M&Aのメリット

ハワイで新規に事業を起こす難しさについて

・ハワイで全く何もない状態からからビジネスを立ち上げるのはかなり困難です。例えばお店を出店する場合、内装工事の許可がおりるまで1年程度かかることもあります。その間も家賃を支払わなければならず、結局開店を断念することもあるようです。また許認可が必要なビジネスでしたら、その新規の許認可取得は容易ではありません。

ですので、ハワイで既に運営されている事業を見つけて買収することは日本以上に意義があります。このM&Aの手法により、新規で起業するよりもはるかに容易にハワイに進出することが可能になります。更に今いる従業員をそのまま雇用すれば、顧客をそのまま引き継げますので、ハワイで新規進出よりも容易に事業を行うことができます。

M&Aのメリット

■買収する側のメリット

・新規に許認可を取得する時間やコストを削減することができる。

・内装工事が不要なので、長期の工事許可待ちをする必要がない。

・什器・設備・備品などをそのまま取得することができる。

・ハワイでは新規にスタッフを採用することは困難なので、新規にスタッフを雇用する労力・コストを削減できる。

・ハワイでは従業員の社会保険関係の仕組み作りが大変なので、そのまま従業員を引き継ぐことにより社会保険関係の仕組みも引き継ぐことができる。

・顧客をそのまま引き継ぐことができるので、広告・宣伝費用を削減できる。

・買収する事業が持つ技術・ノウハウ・営業力を取り込むことができる。

・日本で事業を行っている場合、ハワイの事業を買収することで、日本とハワイのコラボレーションにより相乗効果が期待できる。

・つまり、ハワイで一から新規事業をスタートさせるよりも、かなり少ないリスクでハワイ進出することができる。

■譲渡する側のメリット

・<原状回復費用の削減>  通常であれば、店舗や会社を閉店・廃業する際には、内装や設備などをスケルトンにして現状に回復する義務があります。そのためには大きな費用がかかりますが、これを削減することができます。閉店・廃業する方にとっては無駄な費用をなくすことができます。

・<売却利益> M&Aを利用されることでこの撤収・撤退費用を抑えることができますし、売却して利益を得ることができます。仮に無料で売却したとしても高額な撤収・撤退費用をなくすことができます。

・<スタッフの継続雇用> 通常は店舗や会社を閉鎖すればスタッフは職を失くします。しかし、スタッフも事業譲渡・会社買収の対象とするならば、そのままスタッフの職が確保できます。経営者としての従業員に対する雇用責任を果たすことができます。

弊社へのお問い合わせはこちらへ

ハワイの投資案件についてのお問い合わせ、事業や店舗の売却、買収のご相談はこちらへ連絡をしてください。